フィリピン・スタイルのお弁当

DSC_4109

DSC_4149 DSC_4102

DSC_4096 DSC_4106

DSC_4103 DSC_4108

DSC_4109 DSC_4111

 

子どもたちの持ってきているお弁当の写真です。お肉または揚げ物と、ライスという組み合わせ。

フィリピン・スタイルのお弁当です。(フィリピンの言葉で 、お弁当を バオン “BAON” と言います。)

これもひとつの大切な食文化のあり方です。
でも、栄養バランスを考えると、野菜をはじめとした食材のバリエーションがもう少し欲しいところ。
そこで、可児ミッションでは、野菜の入ったお味噌汁と牛乳を無償で提供することにしました。
 DSC_4116 DSC_4139 DSC_4117
特にお味噌汁には、「日本の食べ物の味に慣れるため」という目的もあります。
小学生になったら、あるいは地域の幼稚園に編入したら、給食で日本食を食べることとなります。その味に今から少しずつ慣れておくと、後で苦労しなくてすむと考えてのことです。
従って、
「持参のBAON(お弁当) + 野菜の味噌汁と牛乳」 というのが、可児ミッションのお昼ごはんのスタイルになっています。
どの国からやって来た子どもたちも、それぞれの文化を尊重されつつ、日本の地域の中で大きく健やかに育つことを願っています。