歯科検診 【尾張旭】

DSC_5495

DSC_5495

DSC_5516

尾張旭教室で、今年度も歯科検診を実施しました。

不就園(保育園・幼稚園に通っていない)の子どもたちは、定期的な歯科検診を受ける機会がほとんどありません。

また、外国人の子どもの場合、歯科医で言葉が通じないことが多く、保護者が歯科医に連れて行くことを躊躇する傾向にあります。

さらに、家庭の経済的困窮により健康保険に未加入の子どもがしばしば見受けられ、治療費を負担できないことから、虫歯を放置することさえあるとのことでした。

 

そこで、そのような状況を改善するため、昨年度から無料の歯科検診を始めました。今日はその2回目にあたります。

 

前回実施時に虫歯があった子が、半年を経た今回、きちんと治療をして、虫歯ゼロになっていました!

一方、前回9本の虫歯が見つかった子は、今回は更に増えて11本に。

健康保険に未加入のため、前回たくさんの虫歯が見つかったにもかかわらず、歯科医院に通うことができなかったようです。

 

DSC_5533

DSC_5532

歯を診てもらうだけでも、こわくなって、泣いてしまった子もいました。先生に励まされ、なんとか乗り越えます。

 

DSC_5526

DSC_5506

検査のあとは、歯磨き指導も受けました。

 

今回、ボランティアで歯科検診を担当してくださったのは、NPO法人ささしまサポートセンターNPO法人外国人医療センターなどで活動される歯科医さんです。

健康保険に未加入の子どものことをお聞きになり、「場合によっては私の医院で無償の治療をして差し上げられます」というお申し出をいただきました。大変ありがたいことです。

使う言葉や家庭の経済状況を問わず、子どもの健康を最優先に守ることができる地域社会づくりを、多くの方と力を合わせ、築いていきたいと願っています。