4ヶ月後のえがお

IMG_5853

暑さ厳しい今日この頃。

可児ミッションも明日から少しの間、夏休みに入ります。

 

4月に新学期がスタートして丸4ヶ月。

大人にとってはあっという間ですが、子どもたちにとっては毎日新たな発見と成長の日々で、4ヶ月前よりもみんな一回りも二回りも大きくなりました。

 

4月に入園した3歳のMくん。

とてもおとなしく、みんなが遊んでいるときもじっと椅子に座っていました。

靴をはくことも、ご飯を食べることも、全て先生のお手伝いが必要で、自分の要求は「ん、ん!」と指をさして伝えます。

たまに話す言葉も、数えるほどの単語のみ。

 

なにより、笑顔が見られないことが一番心配でした。

 

しかし、無理に遊びに引き込んだり、やりたくないこと、まだ出来ないことを一気にさせてもうまくはいきません。

ゆっくり、一つずつできることが増えるよう、スキンシップをとりながら、彼のペースに寄り添うことにしました。

はじめは靴に足を入れようと意識を持たせるところから。

名前を呼ばれたら、振り向けるようになるところから。

 

 

そうして4ヶ月がたった今、

Mくんは笑顔いっぱいに「せんせい!」と走ってきて、たくさんおしゃべりをし、友だちと共に楽しそうに遊びます。

靴だけでなく、身支度も進んで一人できるようになりました。

 

彼は入園当初、はじめての集団生活に戸惑いながらも、よく見て、よく感じ、自分の中に吸収していたのでしょう。

そして友達や先生と共に過ごす中で、言葉やルール、遊び方を覚え、

要求を「ん!」ではなく、単語で言えるようになり、そして自分で行動できるようになっていきました。

 

彼のこの4ヶ月間の成長は、今の笑顔に全て表れています。

ここで過ごす1日、1日が積み重なり、子どもたちの成長へと繋がっていることをあらためて感じました。

 

 

夏休みが終わったら、また楽しいクラスの始まりです。

次はどんな「できた」が見られるのかが楽しみです。

 

 

IMG_5853

写真:今まで、お絵かきも工作も全て先生のお手伝い無しではしようとしなかったMくんが、最近はたくさん絵を描くようになりました。上手だね!

 

(文責:赤坂唯)